« 「自前コミュニティのバイアウト」 | Main

2011.09.22

「リア充だった日本そのものの非モテ化」

Djjunoroom4

↑引越しの後片付けも終わり、リア充DJシステムもついに完成!

日本はむかしリア充でした。戦後復興、高度経済成長、バブルと続き、日本人の多くは、日本の発展と自分たちの成長を重ねあわせ、だいぶリア充な人生観だったのでしょう。しかし、その中でも非モテの人達はいました。とりわけ「オタク」と呼ばれる人たちです。彼らは、「非モテの中、いかに楽しく生きるか」という技術を、いそいそと洗練させていきました。

そして、バブル崩壊後、リア充だった日本そのものが世界からどんどん非モテになりました。そんな時代に悲観する大人が多い中、オタクたちが温めてきた技術は、今の日本を生きる上で優位性を持つものなので、若者を中心に一般化、全面化され始めたのです。これが、昨今の日本でオタク的(二次創作的で、ハイコンテクスト的)コンテンツがメジャー化してきている大局の理由だと思います。

そして、リーマン・ショック後、世界経済低迷の長期化が想定される中(=世界の多くの人が非モテ的感覚に苛まされる中)、この技術が解決のロールモデルに成り得ると思うのです。現に優位性があるので、必然的に世界で流行ってます、オタクコンテンツが。これがCOOL JAPANの本質であり(僕はCOOLと思ってないのでHOT JAPANの方が正しいと感じている)、日本が世界を圧倒的にリードしているセンスだと思います。

|

« 「自前コミュニティのバイアウト」 | Main

」カテゴリの記事

未来」カテゴリの記事

過去」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31536/52803047

Listed below are links to weblogs that reference 「リア充だった日本そのものの非モテ化」:

« 「自前コミュニティのバイアウト」 | Main