2013年12月28日 (土)

“小田原植樹祭”&“進和学園ツアー” in 2013

2013年11月23日 (土)

“小田原植樹祭”
    &
“進和学園ツアー” in 2013

こんにちは!GoodDayスタッフのもんもんです。
11月23日(土)に 「小田原植樹祭」 と「進和学園ツアー」 に
GoodDayメンバーと行ってきました!

11

※進和学園は、障がい者の雇用支援を行っている社会福祉法人です。
Green FutsalやSunday Forestにて生まれる苗木を作ってくれています。
http://www.shinwa-gakuen.or.jp/

午前中は、小田原にて進和学園さん主催の植樹祭でした!!

13

今回は1人50本くらい植えたでしょうか!
15
18
17

植えた苗木の上には藁を敷いて、保温・保湿をします!
16

111

お昼は景色のいいロケーションでお弁当を食べました!
110
19


午後は、“+1 Tree プロジェクト”にてお世話になっている
進和学園さんの施設見学にGoodDayメンバーと行ってきました!

GoodDayが日ごろ取り組んでいる活動の一つである“+1 Tree プロジェクト”
フットサルを楽しんだり、大好きな音楽を聴いたり、
私たちが普段楽しんでいるアクティビティを通じて、
今までと同じように楽しみながら、森づくりがおこなえる取り組みです。
http://www.goodday2u.org/activities/1tree/

今回も、進和学園の須藤さんに見学のガイドをして頂きました。
“+1 Tree プロジェクト”の“苗木”がどのように作られているのか、
進和学園がどのような取り組みを行っているのか教えていただきました!

進和学園さんの施設では障がい者の方の自立のために、
自動車部品の組み立てやパンやクッキーづくり、陶芸作業、
ポット苗作りなど様々な活動に取り組まれています。
また、運営する施設も10を超えています。

まず、GoodDayメンバーが向かったのは「進和ルネッサンス」。
ここでは、自動車メーカーのホンダさんの部品を作っています。

121

ホンダさんと進和学園さんは非常に長いおつきあいで、
お仕事の取引先としてはもちろん、
進和学園さんの向上をホンダの役員の方が見学をされたり、
ホンダさんの野球部観戦など交流も非常に盛んだそうです。

見学していて感じたのは、
みなさん作業が早くてとても正確だということです。

障がいを持った方は、驚異的な集中力を持った方が多いとのことです。
仕事をする上で、とても“強み”になっているそうです。

作業の質の高さからISO9001も取得されています。
120


そして、印象的だったのが”あいさつ”です。
どこに行っても進和学園のみなさんは明るく声をかけてくださり、
とても温かい気持ちになりました。


工場見学を終えた後は車で移動して、
「どんぐりハウス&まじぇるハウス」の見学です。

ポット苗木を作る場所です!
114
117
118

ねこは住み着いてるみたいです!
116


苗木から育てても、6年経つとこんなに立派な森になるそうです。
自分の手で植えた苗木がこれから育っていくことが楽しみになりました。
112

苗木工場を視察したあとは車で移動して、
「ともしびショップ湘南平」も見学させてもらいました!

こちらでは、コーヒー、紅茶などの喫茶を楽しめるほか、
陶器やはがき、クッキーなどの
進和学園さんの自主生産品などの品々の販売をしています。
123

「ともしびショップ」は、神奈川でも有数の絶景スポットにあるため
高台からはこのような絶景を楽しむことが出来ました。
124

須藤さんのガイドのもと、(上の写真が須藤さん)
わかりやすく楽しく進和学園について知ることができました!

本当に感謝です!

113

須藤さんをはじめ進和学園の皆さま、本当にありがとうございました!
2014年もスタッフ一同よろしくお願いします!


GoodDayスタッフ:もんもん


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

進和学園ツアー2012

こんにちは、GoodDay逗子葉山チームのゆうじです。
今回は9月6日に行われた進和学園ツアーのご報告です。

GoodDayが日ごろ取り組んでいる活動の一つである”+1 Tree プロジェクト
フットサルやヨガ、占いなど私たちが普段楽しんでいるアクティビティを通じて、植樹祭などに使われる苗木が生まれるという取り組みです。
P9034322

しかし、その苗木がどのように生み出されるのか、現場を見て知っている人は少ない・・・というのが現状でした。

そこで、今回は苗木作りをしてくださっている進和学園さんにお邪魔してきました。”+1 Tree プロジェクト”の舞台裏に迫ります!
(進和学園さんは知的障がい者の方の生活支援・就労支援をされている社会福祉法人です)

⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ 
⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ 

P9030127_2

平塚駅に午前10時、スケッチブックを目印に待ち合わせ。集合時間が早いことに多少の不安はありましたが、遅刻者0で無事にツアーは滑り出します。

早速、苗木作りを行っている作業場「どんぐりハウス」へ。

苗木作りは
  ①種を拾ってくる⇒②土に植えて発芽させる⇒③ポットに移し替え
  ⇒④30cmぐらいまで成長したら出荷
といった手順で行われます。今日は主に③の作業をお手伝いしました。

もちろん全てが順調に育つわけではなく、より丈夫な苗を作るために厳しい条件を作るというお話。少なからず淘汰されていくようです、苗木の世界も厳しい。

今回はスタッフに加えて”+1 Tree プロジェクト”にご協力いただいているダイエット部のsanare先生(写真_中央)と、One Color, One Tree の DJ aoyamamidoriさん(写真_右)が駆けつけてくださいました。
P9034334

普段、苗木作りをしてくださっているみなさんと記念撮影。本日は2時間で500本以上のポット苗を作りました!ツアーの案内役をしてくださった須藤さん(写真_前列中央)もご満悦の表情(ですよね?)。
P9030135

⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ 
⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ 

そして、一行は次なる目的地である「進和ルネッサンス」へ。

昼食を経て、施設の見学。
進和学園の営業窓口「株式会社研進」の社長である出縄さん(写真_右)に、森作りについてのお話を伺いました。
P9034377

途中、「社長のおでこに蚊が!」というハプニング。森が真横にあるせいか”敵”の数は非常に多く、とても元気に飛び回っていました・・・

苗木から育てても、6年経つとこんなに立派な森になるそうです。11月の植樹祭が今から楽しみになりました。
P9034367

施設の中へ

自動車部品の組み立て
P9034395

だるま作り
P9034410

コーヒー豆のピッキング作業
P9034412

一つの施設の中に様々なお仕事がありました。見学していて感じたのは、みなさん作業が早くてとても正確だということです。

そして、印象的だったのが”あいさつ”。どこに行っても進和学園のみなさんは明るく声をかけてくださり、とても温かい気持ちになりました。

⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ 
⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ 

最後に場所を「職業センター」に移して、施設訪問を記念した手形作りのワーク。手を盛大に汚すこの作業は、小学校の図工の時間を彷彿とさせます。
P9034423

利用者のみなさんにもご参加いただき、和気あいあいとワークは進み、手形を持って記念撮影をしました。
P9034425

一段落したところで、ワークや今日一日を通した感想共有タイム。

実は+1 Tree プロジェクト”ともう一つ、今日のツアーには大事な目的がありました。GoodDayが目指すのは「多世代・多様な互助のコミュニティ」が日本に溢れる未来を作ること。

”多様な”という部分において障がい者の方々との共生を探る上で、直接コミュニケーションを取りたいという思いがあったのです。
P9034434

利用者のみなさんのお話を伺っていると、家族や仕事のこと、抱えている悩みなど、私たちが過ごす日々と何ら変わりません。

ツアーを企画している段階では、スタッフそれぞれが感じていた”壁”がありました。その壁は実際に触れてみたら、あっけなく崩れてしまったのです。

特に微笑ましい恋愛トークに花が咲き、個人的に「やっぱり愛だよな、愛」という結論に至りました。

⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ 
⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ 

全日程を終了し、進和学園を去ろうとしていた私たちを嬉しすぎるサプライズが待っていました。一日ご案内いただいた上になんと!・・・”おみやげ”までいただいてしまったのです。
P1520031_2

ラスクにクッキー、コーヒーと。全ておいしくて、その日のうちに全てたいらげてしまいました。

午前はポット苗作業に多少なりとも貢献しましたが、明らかにもらいすぎです。今後ご恩を返していく所存ですので、末永くよろしくお願い致します。

といったところで、だいぶ長くなってしまいましたが進和学園ツアーのご報告を終わります。

来訪者を温かく迎えてくださった進和学園のみなさん、ご参加いただいたsanare先生とDJ aoyamamidoriさん、ありがとうございました!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)