2007年9月18日 (火)

0929 FORESTATION VOL.14「残された時間」

FORESTATION VOL.14「残された時間」

今回のフォレステーションは、著書「地球温暖化/人類滅亡のシナリオは回避できるか」を発売されたばかり、日本のアル・ゴアとも呼ばれる、田中優さんをお迎えします。


テーマは、地球温暖化に対しての「残された時間」です。


日付:9月29日(土)
時間:開場14:00/14:30開始
場所:渋谷アップリンクファクトリー 
http://www.uplink.co.jp/info/map.html
料金:¥2,000
プログラム:ご来場者お一人につき一本の木を植えます

出演
基調講演:田中優
進行:荒昌史
ゲストパネリスト:上原麻衣子

第一部:基調講演 
第二部:質疑応答(議題への)
:質疑応答(会場から)など

※イベント終了時間:17時

主催:CSP
協力:GoodDay http://goodday2u.org/
お問い合わせ:info@cspp.jp

▼出演者プロフィール
田中優
1957年東京都生まれ。地域での脱原発やリサイクルの運動を出発点に、環境、経済、平和などの、さまざまなNGO活動に関わる。現在「未来バンク事業組合」 理事長、「日本国際ボランティアセンター」「足温ネット」理事、「ap bank」監事を務める。現在、立教大学大学院、和光大学大学院、大東文化大学の非常勤講師。著書(共著含む)に『環境破壊のメカニズム』『日本の電気料はなぜ高い』『どうして郵貯がいけないの』(以上、北斗出版)、『非戦』(幻冬社)、『Eco・エコ省エネゲーム』『戦争をやめさせ環境破壊をくいとめる新しい社会のつくり方』『戦争をしなくてすむ30の方法』『世界の貧しさをなくす30の方法』(以上、合同出版)、『戦争って、環境問題と関係ないと思ってた』(岩波書店)『地球温暖化/人類滅亡のシナリオは回避できるか』(扶桑社新書)他多数。

荒昌史(NPO GoodDay代表)
1980年東京都生まれ。現在、NPO GoodDay代表、某大手デベロッパーのCSR担当を務める。早稲田大学政治経済学部卒業後、某大手デベロッパーに就職し、自らCSR担当部署を設立する。CSR担当として、環境・社会的事業への変革、企画立案・推進を行う。また、2001年に、仲間とともにNPO GoodDayを設立。『逗子ビーチクリーン』や『エビスカ』、『エコツアー』などの環境ボランティアイベント・キャンペーンをプロデュース、企画・運営している。

上原麻衣子(東京都環境局環境政策部環境政策課主任)
平成14年 東京都入都。現在は、再生可能エネルギーの推進や環境金融プロジェクト、世界の大都市との気候変動対策に係る連携プログラムなどを担当。


▼プロジェクトプロフィール
フォレステーションとは
CSPが主催するフォレステーションは、毎回、異なるテーマのもとに、持続可能な社会作りを目指し、既に具体的な可能性を提示している方々と様々なプレゼンテーションを行い、そこに参加した人が、社会・環境問題に対して行動を起こす為のきっかけ作りと、環境保全活動などの具体的な効果を社会にもたらす活動を行っています。現在、様々なイベントとの連携に広がっている「イベントの来場者一人につき一本の木を植える」プログラムを日本で初めて行ったことを特徴の一つとして、ネットワーク構築、環境プログラム制作、NPO支援などの幅広い活動を行っています。イベントの開催を通じて、有機的に繋がりあった仲間達から様々なプロジェクトが自然発生し、それぞれの活動の幅を拡げていく為のプラットフォームとして、多様な価値観を認めあう様々な可能性を持った人々が集まる「社会の森作り」です。

CSP
全ての人一人ひとりが自分自身のもつ「可能性」に目覚め、行動し、その運動をつなげ、拡げていくためのプロジェクトです。CSPの由来は、Creator's Social Possibilityの略。全ての人一人ひとりが創造的な表現者として、自らの意思で能動的に行動を起こしてこそ、社会を変化させる力となることをコンセプトに、自分の未来を選ぶ意思をもった人と人のつながりによる社会変革を目指しています。 


▽当日スケジュール
開場    14:00

第一部
講演開始 14:30(45分間)
講演開始終了  15:15

休憩    (休憩10分間)

第二部
質疑応答(議題に対して)15:25(45分間)
質疑応答(会場から) 16:10(30分間)
イベント終了時間 16:40
サイン会 17:00
撤収終了  17:30

□第二部コンテンツの予定
1 活動へのきっかけ
社会問題や環境問題に対しての活動をし始めたきっかけは何ですか?

2 活動家になるには
活動家になるためにはどうしたらよいでしょうか。

3 活動においての孤独感を乗り越える方法
積極的に活動をする人ほど、周囲の理解が得られなかったり、成果がでなかったりと、壁にぶつかることも多いと思います。そういった壁をどのように乗り越えるべきでしょうか。

4 お金のことしか考えない人に対して
お金のことしか考えない人のことをどう思われますか?

5 お金のことしか考えない企業に対して
お金のことしか考えない企業のことをどう思われますか?

6 お金以外の価値とは
お金以外の価値を人間が見いだす鍵をお持ちですか?

7 行政に対して
どういったご意見をお持ちでしょうか?
また、優さんが首相だったら、まず何を行いますか?

8 産業に対して
どういったご意見をお持ちでしょうか?
また、優さんが経団連の会長だったら、どういった方針を打ち出しますか?

9 エネルギー会社
どういったご意見をお持ちでしょうか?
また、優さんが社長だったら、まず何を行いますか? 

※ゲストの上原麻衣子さん(東京都環境局環境政策部)による
「東京都の目論む自然エネルギー戦略」の説明との対話

10 東京への温暖化による被害
温暖化がこのまま進行すると、日本という国、東京という都市に、どういった被害が起こるのでしょうか?

11 「残された時間」は後どれくらい?
地球温暖化が止まらない地点に対して「残された時間」は、あと、どれくらいあるのでしょうか?

12 温暖化抑止への「ビジョン」と「ロードマップ」策定のポイント
どのようなビジョンを描き、どのようなロードマップを描けば、温暖化の暴走を抑止することできるでしょうか。

13 2020年の理想像
理想とする2020年を教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 2日 (土)

イベントの紹介

こんにちは、GoodDay代表の荒です。
GoodDayバナーにもなっているGreenVoteProjectのイベントの紹介です。
僕もちょっとだけ関わっています。
今月の雑誌エココロにも載っていますので、見てみてください。

以下、イベント紹介文です。
---------------------------------------------------------------
フォレステーション vol.11「未来の選択」

今回のフォレステーションのテーマは「未来の選択」です。
私たちの生活は、日々の暮らしの中にある選択と行動によってなりたち、それによって社会が形成されています。言い換えれば、私たちの選択と行動次第で、社会は良くも悪くも変化します。

現在、地球温暖化による気候変動の危機を代表とする様々な問題への対応の遅れや、食料/資源/エネルギーの大半を海外に頼りきっている自給率、国民一人当たり800万円を超える膨大な債務残高など、日本がかかえる問題そのどれもが「まったなし」の状態です。このままで私たちの未来はあるのでしょうか。

ここで、今一度、自分自身に問いかける必要があります。

私たちが幸せを感じ、安心して暮らせる社会とは?
これまでの私たちの選択と行動は、正しかったのだろうか?

今、私たちに必要なのは、地球規模の視点で物事を考え、将来を展望し、新たな選択と行動を起こすことです。
今年は、私たちの未来にとって非常に重要な年であり、時代の分岐点です。

今回は、「京都議定書」「政治・選挙」を軸に、私たち一人ひとりが持つ可能性を探ります。

私たちは、
「投票」という行為によって未来を選択することも出来る。
「署名」という行為によって未来を選択することが出来る。
「消費」という行為によって未来を選択することが出来る。

私たちは、暗い未来を選択するのでしょうか?
それとも、明るい未来を選択するのでしょうか?

この国をリードするのは、一部の官僚や政治家ではありません。
他でもない私たち国民一人ひとりです。
全ての未来は現在に集約されます。
より良い未来のための今を選択していくのです。

私たちの未来は、私たちが選択します。


日時:6/9(土) 開場14:00/開演14:30

料金:¥2,000(上映含む)¥1,000(パネルのみ)

上映:ドキュメンタリー映像作品「インタビュー・フォー・サステナビリティー」
ドキュメンタリー出演者
飯田哲也(NPO法人環境エネルギー政策研究所所長)
末吉竹ニ郎氏(国連環境計画金融イニシアチブ特別顧問)
松下和夫氏(京都大学大学院地球環境学堂教授/地球環境政策)
木内孝(NPO法人フューチャー500・理事長/株式会社イー
スクエア・会長)
エクベリ・ペオ(環境コンサルタント)
石弘之(国際ジャーナリスト/研究者)
枝廣淳子(環境ジャーナリスト)
山本良一(東京大学生産技術研究所教授/工学博士)


出演者:
進行:菊地辰徳(GV)
パネルゲスト:マエキタさん、ハセベケンさん、他
プロジェクトコメンタリー:川島悟一(京都の約束プロジェクト)

オリジナルプログラム:イベントのご来場者お一人につき、一本の木が
植えられます。

場所:渋谷アップリンクファクトリー
〒150-0042東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル
1F tel.03-6825-5502 fax.03-3485-8785
MAP http://www.uplink.co.jp/info/map.html

主催:CSP
共同制作:グリーンヴォートプロジェクト、京都の約束プロジェクト

お問い合わせ:info@csp-project.com

| | コメント (1) | トラックバック (0)